リンス・コンディショナー・トリートメントの違いについて解説!

美容コラム

何気なく使っているけど、リンス・コンディショナー・トリートメントの違いって何だろう…?

 

このようにヘアケアに対して疑問を感じた人も多いのではないでしょうか?

リンス・コンディショナー・トリートメントはそれぞれ役割が違います。

そのため、自分に合ったものを使っていないと髪の毛をきれいに保てないんです。

本記事ではそれぞれの違いについて徹底解説しています。

違いを理解することで、これからのヘアケア選びを迷うことはなくなりますよ。

リンス・コンディショナー・トリートメントの違いを理解して、自分に合ったものを選びたいと考えている人は参考にしてみてくださいね。

リンス・コンディショナー・トリートメントの違いは?

リンス・コンディショナー・トリートメントにはそれぞれ違いがあります。

それぞれの特徴を簡単にまとめまてみました。

  • リンス…表面をコーティングして保護
  • コンディショナー…表面の保護と少しの内部浸透
  • トリートメント…内部から栄養を与えて補修

このような違いがそれぞれあります。

使い方次第で髪の毛に大きな影響をもたらしますので、必ず自分に合ったものを使用してくださいね。

ではリンス・コンディショナー・トリートメントの特徴と向いている人を解説していきます。

では順番に見ていきましょう。

表面を保護する「リンス」

リンスは、油分で髪の毛をコーティングしてつやを与える効果があります。

髪の毛の乾燥やパサつきを抑えることができるため、パサつきを抑えて艶のある髪の毛を保つことができますよ。

表面をコーティングしてくれるため、艶がわかりやすく出ます。

また、ほかのヘアケアに比べて安価なものが多いため、なるべくお得なヘアケアがいいという人はリンスがぴったりです。

ただし、内部の補修をする役割はありませんので、髪の毛内部の補修をしたいと考えている人は不向きかもしれません。

リンスが向いている人の特徴は次の通りです。

  • 髪の毛のパサつきが気になる
  • ツヤ感を出したい
  • なるべく安価なヘアケアを探している

このような人はリンスが向いているといえるでしょう。

表面と内部にも浸透する「コンディショナー」

コンディショナーは髪の毛の表面をコーティングしながら、保湿の役割も果たしています。

ただ、リンスと大きく違いはないという人も多いです。

コンディショナーは内部にも少し浸透するため、リンスよりも補修力が期待できます。

また、髪の毛表面のコーティング力もリンスよりも高いです。

コンディショナーが向いている人の特徴は次の通りです。

  • リンスでは物足りない人
  • 髪の毛の乾燥を抑えたい
  • カバー力が強いものを利用したい

このような人はコンディショナーがおすすめ!

内部から補修する「トリートメント」

トリートメントは髪の毛内部を補修する役割があります。

リンス・コンディショナーでは髪の毛の外側であるキューティクルまでしか作用されません。

一方、トリートメントは髪の毛内部も補修されるため、髪の毛の芯からケアすることができるのです。

自宅でのケアはもちろん、美容室でのトリートメントも効果的。

健康的な髪の毛に導きたいのであれば、トリートメントを利用するようにしましょう。

トリートメントが向いている人の特徴は次の通りです。

  • 髪の毛の芯からキレイにしたい
  • パーマやカラーで髪の毛が痛んでいる
  • まとまりある髪の毛にしたい

このような人はトリートメントを利用するようにしましょう。

リンス・コンディショナー・トリートメントを使用するときの注意点

リンス・コンディショナー・トリートメントを使用するときの共通の注意点として、頭皮にはつけないようにすることが大切です。

頭皮に塗布をしてしまうと、毛穴のつまりの原因となり、ふけやべたつきを発生させてしまうことになります。

それぞれ使用するときは、ダメージ部分である毛先などを中心に塗布をするようにしてくださいね。

また、しっかりと洗い流しができていないと、同様にふけやべたつきの原因となります。

髪の毛に浸透させた後は入念に洗い流して、洗い残しは絶対にないようにしてください。

リンス・コンディショナー・トリートメントでどれがおすすめ?

どれを使用するか迷っている人は、トリートメントをおすすめします。

トリートメントは内部補修をしながら、外部のコーティングを行ってくれるため、どのヘアケアよりも効果が実感できるはずです。

ダメージしている髪の毛をきれいにしていきたいと考えている人は内部から補修できるトリートメントを選ぶようにしましょう!

トリートメントはサロン専売品がおすすめ

おすすめはトリートメントということをお伝えしました。

ただし、トリートメントにもたくさんの種類があるためどれを買えばいいのかわかりませんよね。

もし、トリートメントの購入を検討しているのであれば、サロン専売品を選ぶことをおすすめします。

一概には言えませんが、サロン専売品のトリートメントは一般の商品に比べて、成分にこだわっているのです。

そのため、髪の毛や頭皮をいたわることができるため、将来きれいな髪の毛に育ちます。

一方、市販のヘアケアは洗浄力が高いものが多く、かえって髪の毛が痛んでしまうことも。

将来の髪の毛のためにもサロン専売品のヘアケアを利用することをおすすめします。

ヘアケア全部を一緒に使っても効果は倍増しない

リンスとトリートメントなどヘアケアを一緒に使えば効果倍増するんじゃないの?

そう思う人も多いのではないでしょうか?

どれだけ使っても効果は倍増されません。

逆に必要以上に使うことでヘアケアの効果が発揮されないことも考えられます。

例えば、リンスとトリートメントを一緒に利用するとしましょう。

リンスは外側をコーティングすることになりますので、トリートメントの浸透を妨げてしまいます。

このようにそれぞれの効果を邪魔してしまうことになりますので、ヘアケアの複数使いは避けましょう。

基本的に髪の毛が痛んでいる人はトリートメント。

その他の人はリンス・コンディショナーを利用するといいですよ。

【まとめ】リンス・コンディショナー・トリートメントの違いを理解して自分に合ったものを選ぼう

リンス・コンディショナー・トリートメントの違いを理解することはできましたか?

それぞれの違いを改めてまとめました。

  • リンス…表面をコーティングして保護
  • コンディショナー…表面の保護と少しの内部浸透
  • トリートメント…内部から栄養を与えて補修

それぞれの違いを理解してうえで適したヘアケアを利用するようにしましょう!

これからヘアケアを購入しようと考えている人は本記事で紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました